占いを信じる人と信じない人の違いは?どちらが幸せになれるの?

女性に占いは人気がありますが、「いい占いだけ信じる」「悪い占いは耳を貸さない」などという人も多いのではないでしょうか。

占いを信じるか信じないかは本人次第なのですが、信じる人と信じない人にはそれぞれに特徴があるのでしょうか。

占いを信じる人の特徴

占いを信じる人には「ピュア」な人が多くいます。

誰かの言葉をすんなりと受け入れる心を持っており、あまり人を疑うといったことをしません。

これは素晴らしいことで、誰にでも好かれる要素のひとつだと思います。

物事を素直に受け入れる心理が当たり前のように占いを信じることに繋がり、占いにどんどんのめり込んでしまう可能性があります。

自分にとって良いことも悪いことも受け入れてしまうため、面倒なことよりも占いを無視することの方が気掛かりになってしまうという人が多いようです。

占いを信じない人の特徴

占いを信じない人の特徴と言えるのは「自分にある程度の自信を持っており、自分の道は自分で決めることが当たり前」と思っている、言わば「左右されにくい」人が多くいます。

他人の意見も聞くのですが、自分の意見や意思を持っている状態で他人に聞くけれど、自分の意見や意思と違うのであれば受け入れず、結果的に自分の思っている通りに行動する方が納得するタイプです。

占いを信じると救われる

占いを信じる人は、先程も説明した通り「ピュア」な心の持ち主であり、心理的には子供の頃のまま、ひねくれずに大人になり、他人を騙したりすることは考えません。

なので、テレビや雑誌などでその日のラッキーカラーやラッキーアイテムなどを見たらその通りにしてしまう、それを楽しむだけの「心の余裕がある」ということです。

占いを信じることにより心の余裕ができ、自分をいい方向へ繋がっていきます。

占いを信じない人は心が強いのか

占いを信じない人は、先程も説明した通り「疑い深い」です。

疑い深いというのは決して悪いことではなく、自分の目できちんと判断するということなので、自分の信じる道を行く強さを持っています。

しっかりと自分の意思を持つことは素晴らしいことで、フラフラと周囲に流されないことは、生きる上で必要なことであり、周囲に頼られる存在であるため、占いを信じず、自分の意思で行動できるということは強い心を持っているということになります。

占いとは

占いというのは「自己暗示」です。

「今日、占いで赤いものを身に付けていたらラッキーが起こります」と占いを信じ、身に付けていたら、起こった良いことに対して「赤いものを身に付けていたからだ」と解釈します。

物事を良いように考えるだけで、良いと思える出来事増え、心に余裕ができるのだから、占いを信じる人の方が人生を幸せなのかもしれません。

おすすめサイト→無料電話占い30社比較!完全無料で占えるおすすめの電話占い一覧

関連記事

関連記事

関連記事がありません。