現金化業者と闇金・消費者金融業者の違いをご紹介

クレジットカードは持っているけれども、ヤミ金や消費者金融との違いが分からないために利用に対して不安を抱いている人が少なくありません。

ヤミ金や消費者金融との違いを理解しておけば、違法な取り立てがされてしまわないかという心配を抱く必要が無いと分かるはずです。

クレジットカード現金化のほうが金利が安く済む

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を調達するので、分割払いとした時の金利は年率数%と安いです。

消費者金融は、利息制限法に基づき上限金利の範囲内で貸付わ行っていますが、闇金に至っては上限金利すら無視した法外な金利で貸付を行います。

50万円といった利用限度額であれば、上限金利は年18%と定められていますが、10日で1割の闇金ならば年率365%にもなってしまいます。

違法な取り立てが現金化業者は皆無

クレジットカード現金化を躊躇う理由として、違法な取り立てがされるのではないかと心配する人がいます。しかし、現金化業者はあくまでも商品売買を行う取引相手であって金融業者ではありません。

ショッピング枠を使って商品決済を行った後は、支払いはクレジットカード会社に対して行うので、万が一滞納した場合の督促はカード会社が行います。

かつては消費者金融が違法な取り立てを行いましたが、貸金業法に定められた規定に基づく督促行為しか出来ないので、現在は違法な取り立てを心配する必要はありません。

クレジットカードを発行する信販会社も、貸金業法に基づく営業を行っているので、違法な取り立ては行われません。

闇金よりも安全に利用できる

クレジットカード現金化は、店舗でクレジットカード決済により商品を購入する売買契約を基にした現金化サービスです。

現金化業者とはあくまでも商品売買契約のみを行い、買取方式またはキャッシュバック方式により現金振込を行うものとなっています。

現金を手に入れた後の返済先は、クレジットカード会社となるので、貸金業法と利用規約に基づいた返済を計画的に行うだけですから、闇金とは異なり違法な取り立て行為は行われません。

現金化業者として信頼できる所を探した上で利用すれば、低金利なショッピング枠を利用した分割払いにより返済できるので、計画的な利用が出来ます。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

クレジットカード現金化に違法性はあるのか?

NO IMAGE

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

NO IMAGE

クレジットカード現金化とは?分かりやすく解説していきます!

NO IMAGE

店舗型と無店舗型のクレジットカード現金化業者の違い